MOTTO! 北ガス KITAGAS
5秒でかんたん
光熱費診断
ガス機器・
システムのご紹介
引越し手続きは
こちら

引っ越しで電気・ガス・水道の手続きをする際の電話の仕方を解説!

2024.06.25 更新

こんにちは、北ガスの工藤です。

 

引っ越しでは電気、ガス、水道などのライフラインの手続きが必須!

手続きは電話やインターネットなどいくつかの方法がありますが、今回は電話での手続きについてご紹介します。

 

電話での手続きは、わからないことがあればその場で質問しながら進められるというメリットもありますよ!

 

電気、ガス、水道それぞれについて、電話のタイミングや用意しておく情報、電話で進める流れなどをご紹介しますのでぜひご覧ください。

電話をする男性

 

 

引っ越し時には電気・ガス・水道の手続きが必要

引っ越しの際には、ライフラインの手続きが必要です。

 

電気、ガス、水道については旧居での使用停止と新居での使用開始の手続きが必要となり、最大で6回の作業が発生する可能性があります。

手続きをする際に伝える情報には、住所や引っ越し日など重複しているものが多いので、事前に準備してスムーズに進めていきましょう!

 

ライフラインの引っ越し手続きは、電話かインターネットで行うことが一般的。

電話の場合は、オペレーターさんに情報を伝えながら手続きを行います。

 

「手続きが初めてでよくわからない」という方は、オペレーターさんに確認しながら進められる電話での手続きがおすすめです。

会社によって電話を受け付けている時間や曜日に制限がある場合もあるため、事前に確認しておくとスムーズです。

 

次以降で各ライフラインの電話での手続き方法をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

電気・ガス・水道の基本の手続き方法やよくある質問はこちらをご覧ください。

引っ越しの電気・ガス・水道(ライフライン)の手続きを解説!タイミングも

 

 

【電気】の引っ越し手続き時の電話の仕方

こーるせんたー

電気の引っ越し手続きは、旧居での使用停止手続きと、新居での使用開始の手続きが必要です。

 

電気の手続き時の電話の準備と伝え方

電気を止めるには、連絡先は現在契約している電力会社。

「お客さまセンター」や「契約センター」といった名称で電話番号が用意されていますよ。

 

引っ越し日の1~2週間前までには連絡することをおすすめします。

電話での手続きの場合、繁忙期は電話が繋がりづらいことがあります。

 

手続きに関して電話をする際には以下の情報を手元に準備しておくとスムーズです。

  • 契約者氏名
  • 現住所
  • 電話番号
  • お客様番号
  • 引っ越し先住所
  • 引っ越し日 など

 

お客様番号は検針票や領収書に記載されています。

 

引っ越し先でも同じ電力会社を引き続き利用する場合は、旧居での使用停止と新居での使用開始の手続きは、一度の電話で完了です。

 

オペレーターさんが電話に出たら、「引っ越しをするので、引っ越し先でも電気を使えるようにしたいです」と伝えればOK!

そうすると、電話口で契約者名やお客様番号、引っ越し先住所などの情報を聞かれるので、順番に答えていきます。

 

ただし、エリアなどの条件によっては、現在と同じ電力会社で契約できない場合もあります。

事前に確認しておきましょう。

 

新居で電力会社を変更する場合は、次の方法で進めます。

 

新居で契約する電力会社を変更する場合の電話の仕方

引っ越し先の新居で現在とは別の電力会社と契約する場合は、現在契約中の電力会社への解約の連絡と、新しい電力会社への新規契約の連絡が必要です。

 

まずは、変更先の電力会社へ新規契約の申し込みをします。

その際には「引っ越し先で新しく電気の契約をしたいです」と伝えると良いでしょう。

 

先ほどの必要情報に加え、希望の電気料金プランや料金の支払い方法などについても伝えます。

オペレーターさんが一つひとつ確認してくれるので、慌てて「あれもこれも伝えなきゃ!」と思わなくて大丈夫ですよ!

 

現在の電力会社へ解約の連絡は、「引っ越しをするので、電気の契約を解約したいです」と伝えればOKです。

 

電気の手続きについてより詳しく知りたい方はこちらもチェックしてみてくださいね。

引っ越しの電気の契約・開通手続き方法は?切り替え先の電力会社の選び方も

 

 

【ガス】の引っ越し手続き時の電話の仕方

引っ越し時にガスの手続きを行う場合も、同様に旧居での使用停止の手続きと、新居での使用開始の手続きが必要です。

 

ガスの手続き時の電話の準備と伝え方

連絡先は、現在契約しているガス会社ですが、現在の住居でガスの契約がなければ解約の手続きは不要です。

また、ガスの手続きをする前に、引っ越し先が都市ガスかLPガスかを確認し、現在のガス会社で契約を継続できるか確認しておくと安心です。

 

ガスの引っ越しでは立ち会い作業が発生するため、引っ越し日が決まったらできるだけ早めに電話をしましょう。

特に3〜4月の引っ越しシーズンでは、混み合っていて電話が繋がりづらかったり、希望の日に作業の予約を取れなかったりする可能性があります。

 

ガスの引っ越し手続きで電話をする際にも、こちらの情報を手元に準備しておくとスムーズです。

  • 契約者氏名
  • 現住所
  • 電話番号
  • お客様番号
  • 引っ越し先住所
  • 引っ越し日
  • 手続き日 など

 

オペレーターさんが電話に出たら、「引っ越しをするので、引っ越し先のガスの契約をしたいです」と伝えると良いでしょう。

 

新居でガス会社を変更する場合や、新居で新たにガスを契約する場合は、新居で利用するガス会社へ連絡する必要があります。

 

新居でガス会社を新規契約する場合の電話の仕方

引っ越し先の新居で現在とは別のガス会社と契約する場合は、現在契約中のガス会社への解約の連絡に加えて、新しいガス会社への新規契約の連絡が必要です。

また、旧居がオール電化などでガスの使用がなく、引っ越し先で新たにガスを使用する場合も、新規契約の手続きを行います。

 

新しいガス会社へは「引っ越し先で新しくガスの契約をしたいです」と伝えます。

先ほどの必要情報に加え、立ち会いの日程やガス料金プラン、料金の支払い方法などを伝えます。

ガスの電話手続きでも、担当者が一つひとつ質問をしてくれるので、焦って情報を伝えなくて大丈夫ですよ!

 

現在のガス会社へ解約の連絡をする場合は、「引っ越しをするので、ガスの契約を解約したいです」と伝えればOKです。

 

ガスと電気は、同じ会社にまとめることで使用開始・使用停止の電話が楽に!

たくさんの手続きが必要な引っ越し時の負担も軽くなります。

 

また、光熱費が安くなるというメリットも!

例えば、北ガスの電気の「ガス・電気セット」では、毎月の光熱費がさらにおトクに。

契約先を一つにまとめることで光熱費の管理も楽になりますよ♪

ガス・電気セットバナー

 

【水道】引っ越し手続き時の電話の仕方

引っ越し時に水道の手続きを行う場合も、使用停止と使用開始の連絡が必要です。

同じ市区町村内での引っ越しかどうかで、手続き方法が少し異なります。

 

水道の手続き時の電話の準備と伝え方

連絡先は、住所を管轄する水道局です。

同じ市区町村での引っ越しなら、契約先の水道局は同じです。

 

引っ越しの1~2週間前までに連絡しましょう。

水道の引っ越し手続きの電話も、3〜4月の引っ越しシーズンは電話が繋がりづらいことがあります。

 

水道の手続きに関して電話をする際にも、以下の情報を準備しておくとスムーズです。

  • 契約者氏名
  • 現住所
  • 電話番号
  • お客様番号
  • 引っ越し先住所
  • 引っ越し日 など

 

電話では、「管轄内で引っ越しをするので、旧居での使用停止と新居での使用開始の手続きをしたいです」と伝えます。

 

ただし、別の市区町村に引っ越す場合は、少し進め方が異なります。

 

別の市区町村へ引っ越しする場合の電話の仕方

別の市区町村への引っ越しでは、管轄の水道局が変わるため、現在の管轄の水道局へ解約の連絡、引っ越し先の管轄の水道局へ新規契約の連絡が必要です。

 

現在契約中の水道局へは「引っ越しをするので、水道の契約を解約したいです」と伝えます。

新居の管轄の水道局へは「引っ越してくるので新しく水道を使用したいです」というように伝えればOKです。

 

必要情報を伝えるほか、料金の支払い方法などを聞かれるので、希望を答えます。

 

引っ越しで必要となるさまざまな手続きについては、こちらのコラムでもご紹介していますので、参考にしてみてください。

引っ越しする際のスケジュールの立て方・やることは?スムーズに進めるためのチェックリストも!

 

 

まとめ

●引っ越し時には電気・ガス・水道の手続きが必要

引っ越しの際の電気、ガス、水道の手続きは電話やインターネットで可能です。

それぞれ旧居での使用停止(または解約)、新居での使用開始(または新規契約)の手続きが必要で、最大6回の作業が発生します。

 

●【電気】の引っ越し手続き時の電話の仕方

契約している電力会社へ「引っ越しをするので、引っ越し先でも電気を使えるようにしたいです」と伝えます。

引っ越し後も同じ電力会社を利用するなら、使用停止と使用開始は一度の電話で手続きが可能です。

電力会社を変更する場合は、新しい電力会社へ新規契約の申し込みをしましょう。

 

●【ガス】の引っ越し手続き時の電話の仕方

ガスは使用開始日に新居で立ち会い作業が必要なため、希望日の予約をとるためにも引っ越しの連絡は早めに行うと良いでしょう。

新居でガス会社を変更する場合は、新しいガス会社へ「引っ越し先で新しくガスの契約をしたいです」、現在のガス会社へ「引っ越しをするので、ガスの契約を解約したいです」と伝えます。

 

●【水道】引っ越し手続き時の電話の仕方

水道の契約は住所を管轄する水道局です。

同じ市区町村内への引っ越しは現在の水道局へ電話するだけで手続きは完了です。

電話では「管轄内で引っ越しをするので、旧居での使用停止と新居での使用開始の手続きをしたいです」と伝えましょう。

別の市区町村へ引っ越す場合は、現在の管轄の水道局と新住所を管轄する水道局の両方への電話が必要です。

 

北ガスでは、光熱費がおトクな「ガス・電気セット」をご用意。

電気とガスをまとめたら、引っ越し時の手続きも1回で簡単に!

 

電気とガスの契約先をまとめることで、毎月の光熱費の管理も楽になりますよ。

ガス・電気セットバナー

著者情報

工藤 鉄也(くどう てつや)
エネルギー企画グループ
販売支援企画チームリーダー

工藤 鉄也(くどう てつや)

こんにちは!北ガスの工藤です。
札幌市南区生まれの南区育ち、学生時代はサッカーをずっとやっていました!
ガスへの切り替え営業担当を経て、現在は営業全般の企画を担当しております!
お客さまに喜んでいただける記事をお届けできるようがんばります!