MOTTO! 北ガス KITAGAS
5秒でかんたん
光熱費診断
ガス機器・
システムのご紹介
お問い合わせ・
資料請求はこちら
新築住宅をご検討の方

エネルギーを都市ガスにすると、
どんな暮らしになるのかご紹介します。

快適な暮らしを実現する

最新のガス機器・システム

都市ガスの機器やシステムを
実際に使っているユーザーの方々から、
導入してよかった! と思うポイントを聞きました。

独自開発のIoT技術で、省エネ型の暮らしをサポート。
  • アプリで室温を自動コントロール
  • エネルギーの見える化でもっと省エネ!
  • ご家庭のガス機器の修理費がずっと無料
  • 外出先からも操作できる!
電気をつくれて売電もできる、ガスマイホーム発電
  • 暖房しながら電気が作れるので、
    冬の光熱費が安くなる!
  • 発電できるから停電時も安心!
電気とお湯を同時につくる、最先端システム。
  • 通年通して発電するので、電気代をカット!
  • 発電できるから停電時も安心!
  • 断水時でも貯湯タンク内の水が使える

どのエネルギーがおトク?

光熱費比較

ライフステージによって変化し家計に大きく影響する光熱費。
快適でエコな未来のために住宅設備を検討してみませんか。

■ 1年間の光熱費(ランニングコスト)比較

試算条件はこちら

上記試算はあくまでも当社モデルの一例です。
より詳しいシミュレーションをご希望の方はお問い合わせください。

●想定モデル
世帯人数:4人、延床面積:120m²、断熱性能(Q値):1.6、室内設定温度:23℃、暖房時間:24時間連続、
電力負荷:普通、風呂回数(シャワー含む):7回/週[年間:電力負荷4,300kWh、暖房負荷12,840kWh、給湯負荷5,460kWh、厨房負荷520kWh]
※コレモ+エコジョーズの場合、年間購入電力量:2,045kWh、ガスマイホーム発電余剰電力の売電量:2,234kWh
●使用機器・料金
〈エネファーム+エコジョーズ〉
(使用機器)エネファーム、エコジョーズ、ガスコンロ
(料金)ガス:北海道ガス(株)家庭用コージェネレーション契約(天然ガス)、電気:北海道ガス(株)従量電灯Bプラス 40A[マイホーム発電割]
〈コレモ+エコジョーズ〉
(使用機器)コレモ、エコジョーズ、スマートリモコン、ガスコンロ
(料金)ガス:北海道ガス(株)家庭用コージェネレーション契約(天然ガス)、電気:北海道ガス(株)従量電灯Bプラス 40A[マイホーム発電割]、余剰電力買取:北海道ガス(株)によるガスマイホーム発電余剰電力買取
〈エコジョーズ〉
(使用機器)エコジョーズ、ガスコンロ
(料金)ガス:北海道ガス(株)ゆ~ぬっく24ネオ(天然ガス)、電気:北海道ガス(株)従量電灯Bプラス 40A[給湯+暖房割]
〈灯油セントラル〉
(使用機器)灯油給湯ボイラー、灯油暖房ボイラー、ガスコンロ
(料金)ガス(厨房):北海道ガス(株)一般料金(天然ガス)、電気:北海道電力(株)従量電灯B 40A、灯油(給湯・暖房):灯油平均価格(札幌市による「石油製品小売価格調査」より)
〈オール電化(ヒートポンプ型)〉
(使用機器)エコキュート、ヒートポンプ式暖房機、IHクッキングヒーター
(料金)電気:北海道電力(株)eタイム3プラス(11kVA)
〈オール電化(従来型)〉
(使用機器)電気温水器、電気ボイラー、IHクッキングヒーター
(料金)電気(給湯・厨房):北海道電力(株)ドリーム8(9~10kVA)、電気(暖房):北海道電力(株)ホットタイム22ロング(9~10kVA)
※北海道ガス(株)のガス料金は、2023年11月時点の原料費調整額を含みます。
※北海道ガス(株)及び北海道電力(株)の電気料金は、2023年11月時点の料金(2023年11月時点の燃料費調整額・再生可能エネルギー発電促進賦課金を含みます)。
※灯油価格は、116.93円/ℓ (札幌市による「石油製品小売価格調査」多量配達1ℓ当たりの灯油平均価格、2023年11月10日調査より)
※北海道ガス(株)の保守料金(エコジョーズ、コレモ+エコジョーズに適用)5,225円/年(購入後10年間の費用を1年分に平均して試算。機器の種類、設置条件により金額が異なる場合がございます。)
※設備費用・工事費用は含みません。
※本試算は標準的な家庭をモデル(北海道ガス(株)調べ)としており、実際のコストやエネルギー消費量等はお客さまのライフスタイルや建築条件等によって変動することをご了承ください。

エネルギー選びのタイミング

家を新築・購入するときは、エネルギー選びがとても大切です。
光熱費のことも考えて、エコで快適な新生活を!

どのタイミングで選べばいいの?

● 建売住宅をご購入される方

家を見学するときに、使用するエネルギー、給湯・暖房システム、また、マイホーム発電システムの設置などについて、ハウスメーカーに確認しましょう。チラシやホームページに掲載されている場合もありますが、直接聞くことをおすすめします。


● 注文住宅をご検討中の方

土地をお探しの際や家のプランを設計しているときに、使用するエネルギーや給湯・暖房、自家発電などのシステムを選びます。後から設計が変更にならないよう、できるだけ早めに検討しましょう。

なぜエネルギー選びが大切なの?

新しく家を建てたり購入したりするときは、検討することがたくさんあります。でも、使用するエネルギーや給湯・暖房のことは、つい後回しになりがちに…。しかし、快適でエコな家づくりには、エネルギー選びがとても重要です。新生活で毎月かかるのが、住宅ローン、そして光熱費。ですから、住宅ローンの計画をしっかり立てるのと同じように、光熱費がどのくらいになるかをしっかり把握しておくことが大切です。