MOTTO! 北ガス KITAGAS
5秒でかんたん
光熱費診断
ガス機器・
システムのご紹介
お問い合わせ・
資料請求はこちら

エコジョーズで後悔しないために!メリットデメリットを知って検討を

2021.11.01 更新

こんにちは、北ガスの工藤です。

 

エコジョーズは省エネ性能が高いガスボイラー。

「ガス代節約のためにエコジョーズを導入したい」と思っても、購入費や工事費用なども大きいため、後悔しないようしっかり検討してから決めたいですよね。

 

今回は、エコジョーズのメリットやデメリットについて解説。

とくに「エコジョーズの導入で後悔した点」にスポットを当て、対処法もあわせてお伝えします。

自宅で手を洗う子供

 

 

まずはエコジョーズについて知ろう!

エコジョーズとは、少ないガス量でお湯を沸かすことのできる省エネ性能の高いガスボイラーです。

 

従来の一般的なガスボイラーでは、ガスを燃焼させてお湯を沸かしたあと、熱エネルギーを排気としてそのまま捨てていました。

 

エコジョーズではこの熱エネルギーを捨てずに、水の予備加熱に再利用することで熱効率をアップ!

従来のボイラーでは約80%だった熱効率が約95%まで上がり、少ないガス量で効率的にお湯を沸かすことができるようになったのです。

ガスの使用量が減ってガス代も節約に!

 

さらに、ガスの燃焼によって発生する二酸化炭素の排出量も減るため、地球環境にも優しいです。

 

エコジョーズの仕組みやメリットについては「エコジョーズとはどんな仕組み?北海道で使うメリットとは」でも詳しくご紹介しています。

北海道では、給湯暖房一体型のエコジョーズの導入が増えていますよ!

都市ガスへの切り替えについて

 

 

エコジョーズで後悔した例は? メリットデメリットを解説!

注意ポイント

エコジョーズはメリットの大きいガスボイラーですが、デメリットといわれる点もあります。

 

ボイラーは毎日の生活に欠かせないものですから、メリットとデメリットをよく理解した上で検討したいところ。

後悔した例やその対策、良い部分もあわせてご紹介しますので、ぜひ検討してくださいね!

 

エコジョーズのデメリットや後悔はどんなものがある?

エコジョーズを導入しようか情報収集をしていると、「エコジョーズを導入して後悔した」「こんなデメリットがある」などの声を聞くこともあると思います。

 

エコジョーズのデメリットとされているものや、後悔・失敗例を見ていきましょう。

 

【後悔1】本体価格が他のエネルギーのボイラーより高い

エコジョーズは高性能のガスボイラーのため、本体費用が他のエネルギーのボイラーよりも高額です。

構造が複雑なこともあり、本体価格は従来のガスボイラーよりも15万円程度高いといわれています。

 

ただし、月々のガス代が他のエネルギーより安くなれば、本体価格が高かった分も回収することができますよ!

 

また、エコジョーズなど省エネ機器の導入費用に対して、補助金や助成金を出している自治体もあります。

 

たとえば小樽市では30万円を上限として工事費の助成をする「住宅エコリフォーム助成制度」を実施。(※条件等あり)

お住まいの自治体でそういった制度がないか、確認してみてくださいね。

 

【後悔2】専用の排水工事が必要だった

従来のガスボイラーでも、お風呂や暖房も含めて最大6本の配管が床下へ通っています。

エコジョーズはこれに加え、排気を冷やしたときに出る水滴「ドレン水」を排水するための専用配管を取り付ける必要があります。

 

エコジョーズの設置場所が屋内なら床に穴を開けて配管を通す、屋外でも配管を地面に埋め込む工事が必要。

マンションだと「ドレン排水切り替えユニット」など専用の機械が必要になることもあります。

 

大変そうに見えるかもしれませんが、実際には現場調査の段階で排水管の位置を確認し、エコジョーズ設置工事日に配管工事も一緒に行います。

基本的には床下作業なので、施工の様子がお客様の目に触れることはほぼありません。

 

もし「調べてみたら、なんだか大がかりな工事で大変そう…」とためらっている方がいらっしゃれば、ぜひお気軽にお問い合わせいただきたいです。

 

【後悔3】故障しやすい?

「前の給湯器は10年間一度も故障したことはないのに、エコジョーズはもう部品交換が必要になった。故障しやすいの?」という声もあるようです。

 

エコジョーズは、ガスを燃焼させて給湯する仕組み。

電気給湯器などと比べて本体や部品などが高温にさらされるため、故障しやすいというイメージがあるようです。

 

実際には、エコジョーズ自体の寿命は12~15年程度といわれており、長く使用できる製品です。

 

ちなみに、エコジョーズではドレン水を処理するための「中和器」という部品が使われているのですが、これは一般的に本体よりも寿命が短い消耗品です。

使用途中で中和器の交換が発生する場合があることも、「エコジョーズは故障しやすい?」と感じる理由ではないでしょうか。

中和器に関わるエラーは本体の故障ではないので、定期的な点検・メンテナンスや消耗品の交換を行うことで、エコジョーズを長く使っていただけます。

 

エコジョーズにはメリットもたくさん!

もちろんエコジョーズにはメリットもたくさんあります。

 

一番大きな魅力といえば、やはり省エネ性能が高くガス代を抑えられること!

同じ量のお湯を使ったとしても、従来のボイラーと比べて年間約10%の光熱費が削減できるといわれています。

 

ガスマイホーム発電コレモとセットで活用すると、さらに効率的です。

 

たとえば、従来型のオール電化から都市ガスの「エコジョーズ+コレモ」に変更をしたら、年間の光熱費が半分以下になるという試算もあるんです!

 

さらに、ボイラーにお湯を溜めずに必要な分を沸かすタイプなのでお湯切れの心配もなし。

家族が多くても、心配せずにたっぷりお湯を使うことができます。

 

燃焼するガス量が少ないということは、排出される二酸化炭素量も少ないです。

 

家計にも、そして地球にも優しいガスボイラーなんですよ!

 

 

 

エコジョーズで聞く後悔の声も、実はデメリットではなかったり、ポイントを押さえれば失敗なく使える場合もあります。

メリット部分も踏まえて、ぜひ検討してみてくださいね!

 

 

まとめ

●エコジョーズは熱効率が良く、少ないガスでお湯を沸かせるガスボイラー。

都市ガスのエコジョーズなら毎月のガス代削減が可能です!

 

●エコジョーズは「本体価格が高かった」「配管工事が必要だった」など、後悔の声があるのも事実。

しかし、毎月の光熱費を抑えることができれば、本体価格の差も埋められます。

配管工事はエコジョーズ設置工事と合わせて行うので、大がかりなものではありません。

自治体によってはエコジョーズの導入に助成金を出していることもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

光熱費の削減を考えている方は、ぜひ都市ガスへの切り替えを検討してみてはいかがでしょうか。

おトクになった事例もぜひご参考ください!

 

都市ガスに切り替えておトクに快適に 都市ガスへの切り替え

著者情報

工藤 鉄也(くどう てつや)
エネルギー企画グループ
販売支援企画チームリーダー

工藤 鉄也(くどう てつや)

こんにちは!北ガスの工藤です。
札幌市南区生まれの南区育ち、学生時代はサッカーをずっとやっていました!
ガスへの切り替え営業担当を経て、現在は営業全般の企画を担当しております!
お客さまに喜んでいただける記事をお届けできるようがんばります!

お電話の場合はこちら

0570-008800

[受付時間]
平日9:00〜19:00
土・日・祝日9:00〜17:00

ナビダイヤルは、道内からの発信であれば市内通話料金でご利用いただけます。
(固定電話は3分8.5円、携帯電話は20秒10円)

上記ナビダイヤルがご利用できない場合は、011-792-8110までおかけください。

北ガスの電力販売に関して、北ガスグループ各社または業務委託先の
株式会社Patch(0120-984-837)・株式会社アイヴィジット(0120-66-9112)の
電話番号よりご案内することがございます。