MOTTO! 北ガス KITAGAS

北海道で電気(電力会社)の切り替えはどうすればいい?手順や注意点も

2019.09.13 更新

こんにちは、北ガスの鈴木です。

 

2016年から始まった電力自由化。

「電気代を少しでも下げたい!」と電力会社の切り替えを検討している方もいらっしゃると思います。

 

今回は電力会社を切り替える際の確認点や申し込み方法などについてのお話。

電力会社を比較するポイントや、おトクな北ガスの電気についてもご紹介します。

北海道で電気の切り替えをするなら北ガス!

 

 

電気(電力会社)の切り替え、選ぶポイントとは?

2016年の電力自由化で電気を販売できる会社が増え、北海道に住む私たちもさまざまな電力会社と自由に契約をすることができるようになりました。

 

たくさんの新電力会社があり、結局どこがいいのかわからないとお困りの方も多いのではないでしょうか?

だからといって様子を見ているだけならもったいないですよ!

 

「新電力会社は電気の供給が不安定なのでは?」「停電することが増えないか心配…」といった声も聞きますが、ご安心ください!

新電力会社も既存の電力会社の送配電網を利用して電気を供給します。

既存の電力会社の電気と一体運用されるため、電気の質が会社によって異なるわけではありません。

万が一新電力会社にトラブルが起こってしまっても、既存の電力会社が電気を供給し続けてくれます。

 

また、電線や電柱が故障した場合も、対応するのは送電会社です。

「契約した会社によって復旧の速さが違う」ということもないのです。

 

つまり、変わるのは契約先(お金を払う会社)だけ!それ以外は、電力会社を替えてもこれまでの暮らしと変わりません。

大手電力会社から切り替えると、電気料金が安くなる家庭も多いので、ぜひこの機会に電力会社の切り替えを検討してみましょう!

 

電気を切り替える際には、次のような点をチェックして、みなさんのご家庭に合った電力会社を選んでくださいね。

 

電気料金

電気料金は【基本料金+電力量料金】を元に算出されますので、基本料金が安くなるのか、電力量料金が安くなるのかによっても差が出ます。

また、電力量料金は3段階あり、それぞれで割引率が違う場合があります。

どれだけおトクになるのか気になる方は、ご家庭の電力量を確認してシミュレーションしてみましょう。

 

セットプランや付帯サービス

例えば「ガスと電気を一緒に契約すると電気料金を割引」といったセットプランや、ポイントを貯めると割引やプレゼントがある付帯サービスなど。

電気料金だけではなく、生活におけるおトクな特典を設けている会社もあります。

 

事務手数料や解約金

電力会社によっては契約時の事務手数料がかかる場合もあります。

また、一定の契約期間が設けられていると、急なお引越しなどで解約する際に解約金や違約金がかかってしまうことも。

初期費用として事務手数料や解約金などがかからない会社、というのも電力会社を選ぶ要素の1つですね。

 

電気料金や使用量の確認方法

毎月使用量と料金は確認できますが、「月々の料金変動はどうなのか」「去年と比べて今年の使用量はどうなのか」といった比較ができると光熱費の見直しもしやすいです。

会員ページやアプリなどから、カンタンに電気料金や使用量の推移が確認できる会社もありますよ。

 

電気の発電・調達方法

料金はもちろん大事ですが、環境に配慮して作られた電気というのも選択肢の1つになるのではないでしょうか。

新電力会社の中には、自社の発電所を持ち電気を供給している会社があります。

どのような仕組みで発電しているのか、ぜひチェックしてみてください。

 

 

オール電化でも大丈夫!専用メニューや設備の切り替えについて

オール電化向けの料金メニューはまだまだ少ないですが、少しずつ増えてきています。

「うちはオール電化だから選択肢がない…」と諦めないでくださいね。

 

北ガスでもオール電化向けのメニューを用意しています。

省エネ提案型オール電化住宅向けメニュー「E+Ene(いいね)北ガスの電気」です。

こちらは、既存の電力会社の「eタイム3プラス」をご契約の方に、メリットが出やすいメニューとなっています。

 

詳しくは「E+Ene 北ガスの電気」のページをご覧ください。

 

また、電気の切り替えだけでなく、オール電化のボイラーを天然ガスのエコジョーズに切り替えるといった設備の切り替えも節約方法の一つですよ。

オール電化のボイラーを天然ガスのエコジョーズに切り替えたお客さまの声もぜひご参考にしてください。

 

 

北海道で電気(電力会社)を切り替える前に!手順や確認点を知ろう

電力会社を決める前に、切り替えの方法や手順、確認点を把握しておくとスムーズです!

 

新しい電力会社へ切り替える前には、現在契約中の電力会社、お客様番号(ご契約番号など)、供給地点特定番号(22桁の番号)を確認しましょう。

これらは毎月の電気の検針票に記載されています。(新電力会社の場合は検針票がないこともあります。)

 

電力の切り替えの申し込み手順はカンタンです!

 

1.申し込み

各電力会社のホームページ、電話窓口などから切り替えの申し込みができます。

インターネットで申し込みが完結する会社も多いですよ。

 

申し込みページ(または申込用紙)へ必要事項や支払い方法などを記入します。

現在契約している電力会社への解約手続きは、切り替え先の電力会社が手続きを行ってくれます。

 

2.電気メーターの交換

アナログ式の電力メーターを使っている場合、新しい「スマートメーター※」への交換が必要です。

交換作業は大手電力会社が行ってくれ、交換費用や作業立ち合いなどは基本的に不要です。

※スマートメーターとは遠隔地でも30分ごとの電気の使用量が把握できるメーターです。すでにスマートメーターを使用している場合は交換の必要はありませんが、設定変更にお伺いする場合があります。

 

3.新しい電力会社との契約開始

新しい電力会社から電気が供給されます。

電力を切り替えるために今お使いの電気機器や設備を交換する必要はありません。

 

 

基本的な方法をカンタンにご紹介しましたが、現在はホームページから申し込みができる会社がほとんどです。

まずは検討している電力会社のホームページを確認してみましょう。

 

電気メーターの交換が必要な場合は交換作業の工程もあり、切り替え希望日と実際の切り替え日がずれてしまう可能性もあります。

 

特に春の引っ越しシーズンなどは申し込みが混み合う可能性もあり、申し込みの依頼から実際の契約まで時間がかかってしまう場合も考えられるので注意しましょう。

 

 

北海道だと北ガスの電気への切り替えがおトク!申し込みもカンタン♪

北ガスの電気への切り替えがおトクで申し込みもカンタン!

北海道では北ガスの電気がおトクですよ!

 

北海道電力の「従量電灯B」プランを利用している方なら、北ガスの電気に切り替えるだけで電気料金がおよそ3%もおトクになります♪

 

北ガスの給湯器やFF暖房機、エコジョーズ、マイホーム発電など、北ガスグループのガス機器を利用していればさらに1~3%の付帯割引が適用になります。

 

さらに北ガスの電気をご利用の方は「北ガスポイント」がもらえます。

貯まったポイントはプレゼントやグルメチケット、ペコママネーにチャージなど使い道いろいろ!

ガスと電気のご使用量・料金照会サービス「北ガスマイページTagTag(タグタグ)」で、貯まったポイントが確認できますよ。

 

TagTagでは毎月の電気料金や月ごと・時間ごとの電気の使用量の推移がカンタンに確認できます。

エネルギーの見える化は、季節で変動する光熱費の見通しを立てたり、節約を意識したりすることにもつながりますね。

また、TagTagではエコライフのすすめというコンテンツがあり、生活の様々なシーンにおける「省エネのコツ」を紹介しています。

 

また、北ガスは自社電源や道内の自家発電設備から独自に電源を調達してお届けしています。

発電時の排熱を有効活用する「天然ガスコージェネレーション」、道内産の未利用木材を利用した木質バイオマス発電や太陽光発電を含むFIT電気など、多様な道内産の電源を使用。

毎日使う電気だからこそ、環境に配慮した発電を行っています。

 

 

「北ガスの電気」に切り替えるには、Web、お電話、または最寄りの北ガスショールームか北ガスフレアストへお申し込みいただくだけです。

お支払い方法の確認と、電気使用量・料金確認方法の選択(Webまたはハガキ)をしていただくだけで手続き完了!

 

従来の電力会社への解約手続きは北ガスで行いますし、切り替えでの事務手数料なども一切不要です。

もしも急な引っ越しなどで解約する場合などでも解約金や違約金は発生しないので安心!

 

北ガスのガスを利用されている方は、支払い方法の書類なども記入する必要がないのでカンタンですよ♪

(グループ会社の北ガスジェネックスのガスを利用されている方は、口座振替・クレジット決済の新規お申し込みが必要です。)

 

詳しくは北ガスの電気ページをぜひチェックしてください!

 

 

まとめ

・電力自由化で契約できる電力会社の選択肢が増えました。電力会社の切り替えで安くなる場合も!電力の切り替え申し込みは各電力会社のホームページやサービス窓口へ連絡を。元の電力会社への解約手続きは新しい電力会社で行ってくれます。

・新電力会社の大きな魅力は料金。さまざまな料金プランがあるので、ライフスタイルや家族構成にぴったり合ったおトクなプランが見つけられるはず。まずはシミュレーションサイトなどを利用しておトクになる電力会社を探してみましょう。また、他の光熱費とのセットプラン、事務手数料や解約金の有無、電気料金や使用量の確認方法など、選ぶポイントは色々とあるので要チェックです。

北海道にお住まいならおトクな「北ガスの電気」もご検討ください!北海道電力の従量電灯Bプランと比較すると約3%電気代が安くなり、北ガスグループのガス機器を使用していればさらにプラスで1~3%割引に。申し込みはWeb、お電話、最寄りの北ガスショールームか北ガスフレアストで可能。解約手続きや事務手数料なども一切不要でお手軽&安心です!

・オール電化向けの料金メニューも少しずつ増えてきていますので、選択肢がないと諦めないでくださいね。北ガスでもオール電化向けのメニュー(E+Ene(いいね)北ガスの電気)を用意しています!既存の電力会社の「eタイム3プラス」をご契約の方にメリットが出やすいメニューとなっていますので、ぜひチェックしてくださいね。

関連記事

人気記事