MOTTO! 北ガス KITAGAS
5秒でかんたん
光熱費診断
ガス機器・
システムのご紹介
北ガスの電気
詳しくはこちら

引っ越し後にやることをチェック!必要な手続きを確認しよう

2024.05.25 更新

こんにちは、北ガスの工藤です。

 

引っ越しではライフラインや登録関係の手続きがたくさんあって忙しく、いつ何をすべきか混乱してしまうこともあるでしょう。

 

そこで今回は、引っ越し後に行う手続きについて解説!

引っ越し後2週間以内にやること、落ち着いてからゆっくりでOKなことにわけてご紹介します。

 

引っ越し後の手続きは抜け漏れが発生することもよくあるので、ぜひチェックしておいてくださいね。

説明をする女性

 

 

引っ越し後2週間以内にやること

引っ越し後2週間以内にやることは、転入届の提出や公的書類の住所変更、登録し直しなど、公的な手続きが多いです。

2週間を目安に手続き期限が区切られているものが多いので注意してくださいね!

 

事前に知っておくことで引っ越し後の手続きスケジュールを考えられますので、ぜひチェックしておきましょう。

 

転入届・転居届

ほかの自治体から引っ越して来た場合は、引っ越し前に前の自治体で転出届を出した上で、引っ越し後に新住所の自治体へ転入届を提出します。

 

同じ自治体内での引っ越しの場合は、引っ越し後にのみ転居届を提出します。

 

マイナンバーの住所変更

マイナンバーの住所変更も新住所の役所で行います。

マイナンバーカードまたは通知カードを持参し、転入届・転居届の提出の際に一緒に手続きしておきましょう。

 

印鑑証明の再登録

ほかの自治体へ引っ越しした場合には、旧住所での印鑑証明登録を抹消し、新たな住所で再登録する必要があります。

旧住所の役所での転出届けの際に抹消の手続きをし、新住所の役所での転入届けの際に登録手続きを行いましょう。

 

同じ自治体内での引っ越しでは、転居届を出すと自動的に住所が変更されるため、手続きは不要です。

 

国民健康保険・介護保険・国民年金の手続き

国民健康保険・介護保険・国民年金に加入している人に必要となる手続きです。

 

国民健康保険・介護保険は、同じ自治体内での引っ越しなら住所変更のみでOKです。

別の自治体への引っ越しの場合は、旧住所での脱退、新住所での加入手続きが必要です。

どちらも役所の保険年金課で行います。

 

国民年金は新住所を管轄する年金事務所で住所変更の手続きをします。

マイナンバーと基礎年金番号が紐づいていれば、住所変更の手続きが不要なケースも。

 

なお、勤務先などを通して社会保険に加入している方は、国民健康保険、国民年金の手続きは不要です。

 

運転免許証・車庫証明・車検証の住所変更

運転免許証の住所変更は厳密には2週間以内という決まりはないですが、道路交通法では「氏名や住所などに変更があった場合は、速やかに届け出ること」とされています。

しかし、車庫証明と車検証の住所変更はそれぞれ「変更があった日から15日以内」と定められています。

 

運転免許証は新住所の警察署、車庫証明は新住所を管轄する運輸支局か自動車検査登録事務所、車検証は新住所を管轄する運輸支局で手続きします。

車検証の住所変更には新住所の車庫証明が必要なので、運転免許所、車庫証明、車検証の順に手続きしましょう。

 

引っ越し時に必要となる役所での手続きやその方法、持ち物などの詳細は、こちらのコラムでも詳しくご紹介しています。

引っ越し前も含めたやることリストやスケジュール感もぜひ確認しておいてくださいね。

引っ越し・転居の際に役所ですべき手続きとは?順番や持ち物も解説

引っ越しする際のスケジュールの立て方・やることは?スムーズに進めるためのチェックリストも!

 

 

引っ越し後に落ち着いてからやること

引っ越し

こちらは特に期限がないため、放っておくと忘れてしまう可能性もあります。

落ち着いてからでかまいませんが、忘れないうちに手続きを進めておきたいものですね。

 

各種サービスの住所変更

銀行口座、クレジットカード、生命保険、携帯電話、NHK、通販サイトなど、各種契約やサービスの住所変更を順次行いましょう。

 

保有資格の住所変更

社会福祉士やキャリアコンサルタントなど一部の国家資格では、引っ越し時に登録住所の変更が必要となります。

手続き方法や期限などは各資格の詳細を確認しましょう。

 

 

電気のプラン見直し・乗り換えを検討するなら、Webで最短3分で手続きできる「北ガスの電気」がおすすめです!

北ガスグループのガスを利用していなくても契約することができます。

電気の切り替えは、引っ越し後落ち着いてからでも大丈夫ですよ。

 

お引越しの手続きをご検討中の方は、こちらからお手続き可能です。

毎月の電気代北ガス電気で3分でおトクに

 

 

まとめ

・引っ越し後2週間以内にやること

引っ越し後2週間以内にやらなければならないのは、役所での公的手続きが多いです。

転入・転居届、マイナンバーや運転免許証の住所変更、国民健康保険や年金の手続きなど、手続き期限に遅れないよう予定を立てておきましょう。

 

・引っ越し後に落ち着いてからやること

各種民間サービスや契約の住所変更は期限が決まっていないものも多く、引っ越し後に落ち着いてからでもOK。

ただし、放っておくと忘れてしまう恐れもあるので、できるだけ早めに進めましょう。

光熱費がおトクになるケースもありますので、引っ越しを機に、電気の切り替えもぜひ検討してみてください。

 

 

電気のプラン見直し・乗り換えを検討するなら、Webで最短3分で手続きできる「北ガスの電気」がおすすめ!

北ガスグループのガスを利用していなくても契約可能です。

まずはどれくらいおトクになるか知りたい方は、Webでカンタンにできる電気代シミュレーションがおすすめです。

 

ガスや電気のお引越しの手続きをご検討中の方は、こちらからお手続き可能です。

 

乗り換え手続きはこちら

 

著者情報

工藤 鉄也(くどう てつや)
エネルギー企画グループ
販売支援企画チームリーダー

工藤 鉄也(くどう てつや)

こんにちは!北ガスの工藤です。
札幌市南区生まれの南区育ち、学生時代はサッカーをずっとやっていました!
ガスへの切り替え営業担当を経て、現在は営業全般の企画を担当しております!
お客さまに喜んでいただける記事をお届けできるようがんばります!