MOTTO! 北ガス KITAGAS

ガスコンロでの炊飯は「カンタン・省エネ・おいしい」の三拍子!

2019.07.19 更新

こんにちは!北ガスの松岡です。

 

みなさん、ガスコンロでごはんを炊いたことはありますか?

実はガスコンロでの炊飯はカンタンで時間もかからず、とってもおいしいのです!

 

今回はガスコンロでごはんを炊くことのメリットや特徴をご紹介します。

最新のSiセンサーコンロの便利機能や省エネポイントなども合わせてお伝えしますね。

 

ガスコンロでの炊飯がカンタンでおすすめな理由とは

「ごはんを炊くなら炊飯器」

「ガスコンロでごはんを炊くのは難しそう」

そう思っている方は多いのではないでしょうか。

 

実は、ガスコンロでの炊飯はカンタンで、時短にもなるのです。

 

ここからは「自動炊飯機能」が付いた最新のSiセンサーコンロの魅力をご紹介していきます!

 

炊飯専用鍋をSiセンサーコンロにセットしたら、コンロを点火して炊飯スイッチを押すだけでカンタンスタート。

途中の火加減調節、消火、蒸らしなども全てガスコンロが自動で行ってくれます。

約30分ほどでごはんが炊けたら、音声ガイドや電子音で炊きあがりを教えてくれます。

 

ガスの強火で一気に炊き上げるおいしいごはんが、スイッチ一つでカンタンにできちゃうんです!

おかゆスイッチもあるので、おかゆもカンタンにつくれますよ。

 

さらに!ガスコンロでの炊飯には、こんなメリットもあります♪

 

スピーディに炊ける!

Siセンサーコンロでごはんを炊くと、炊きあがりまでにかかる時間は約30分。

電気炊飯器を利用した場合は約45分程度なので15分も短縮!(北ガス調べ)

忙しい朝にもうれしいポイントです。

 

ランニングコストが安い!

短い時間でごはんを炊き上げるので、炊飯にかかる光熱費もおさえられます。

電気炊飯器だと1回の炊飯にかかる電気代が約3.08円なのに対し、ガスコンロだとガス代は約1.56円と約1/2!(リンナイ調べ)

※Siセンサーコンロの自動炊飯機能と3合炊き電気炊飯器で3合炊飯時、ガス代67.72円/㎥(北海道ガス ゆ〜ぬっく24ネオC区画の場合)、電気代23.68円/kWh(北海道電力 従量電灯B第2段の場合)にて比較しています。

 

毎日食べるごはんだからこそ、少しの差も大きいですよね。

 

停電時でも炊きたてのごはんが食べられる!

もし災害などで停電してしまっても、ガスが通っていれば炊飯可能です。

炊きたての温かいごはんを食べれば、ホッと安心して元気が湧いてきます。

※ガスコンロの機種によっては停電時に使用や機能が制限されるものもあります。

 

もちろん、ガスで炊いたごはんはおいしい!というのも大きなポイントです。

次で詳しくご紹介します♪

 

 

炊飯はガスコンロがおいしい!もっとおいしくするコツも

多くの方がガスコンロで炊いたごはんはおいしい!と感じています。

北ガスが行ったアンケートでも、Siセンサーコンロで自動炊飯したごはんが、『普段おうちで炊くごはんよりもおいしい』と答えた方は約8割!(Siセンサーコンロ炊飯「食味アンケート調査」より(n=72))

 

なぜそんなにおいしくなるのか?その秘密をご紹介していきます♪

 

おいしさの秘密は、ガスならではの直火にあり!

ガスコンロの直火でごはんを炊く時は、まずガスならではの強火で約10分間で水を沸騰させ、お米を対流させることでうまみを引き出します。

その後に弱火で10分~15分お米をやさしく対流させることで、お米の内部にまで水分がいきわたり一粒一粒に甘味が凝縮され、芯までふっくら炊きあがります。

 

その後、約10分間の蒸らし時間を経て、ふっくらツヤツヤのおいしいごはんの炊き上がり!

 

強火かつ短時間で炊いたごはんは、お米のでんぷんがしっかり糊化するので、冷めても水分や柔らかさを保ちます。

ガスで炊いたごはんは冷めてもおいしく、おにぎりやお弁当にもおすすめです。

また、直火炊飯ならではの「おこげ」も楽しむことができますね。

 

もっとおいしく炊く秘密は、ズバリ、洗いと吸水にあり!

お米を洗う時にはごしごしと洗うのはNG!

お米が割れないように優しく、そして手早く洗いましょう。

お米についた汚れやぬかを落とす程度でOKです。

 

お米を洗い終わったら一度ザルなどで水を切り、再度水に浸しましょう。

夏は30分程度、冬は60分程度浸しておくと、お米がしっかり吸水してふっくらおいしく炊けますよ。

 

 

Siセンサーコンロは炊飯以外にも省エネ&機能的!

ガスコンロでの炊飯は、短時間で炊けるため、省エネで環境にもやさしいです。

また、少量でもおいしく炊けるので、食べたい時に必要な分だけ炊けるのもポイント。

 

炊飯器でごはんを炊き、その後7時間保温した場合、実は炊飯と同じ消費電力量がかかり、味も落ちてしまいます。

しかし!ガスコンロで炊いたごはんは冷めてもおいしいので、余ったら保温せずに1膳分ずつ小分けにして冷凍し、電子レンジで温め直すと省エネ!

 

さらに、最新Siセンサーコンロには、炊飯以外にも省エネ&うれしい機能がたくさんあります。

・湯沸かし機能で、沸騰時にブザーでお知らせ&自動消火

・揚げものを温め直しにもグリルを活用してヘルシー&サクサクに

・パワフルな両面焼きのグリルで素早く調理

・揚げもの温度調節機能で適温をキープ

・吹きこぼれなどでの立ち消えを感知して炎やガスを自動でストップ

・消し忘れ消火機能で「ついうっかり」の消し忘れを防止

・感震機能で、震度4以上の地震を感知したら自動で消火

など

 

詳しくは「最新のガスコンロは機能が充実!安全便利なSiセンサーコンロ」をご参考ください!

 

 

まとめ

・ガスコンロでの炊飯はカンタン!Siセンサーコンロには自動炊飯機能があり、スイッチ一つでおいしいごはんが炊けちゃいます♪ガスコンロでの炊飯は炊飯時間が短いので便利で経済的!停電時にもごはんが炊けるので安心ですね。

 

・ガスコンロで炊くごはんはおいしい!強火の直火で一気に炊きあげるからごはんの一粒一粒に旨みと甘みが凝縮。直火ならではのおこげもうれしい、冷めてもおいしいごはんに炊きあがります。炊飯前にはお米が割れないようにさっと洗い、夏は30分、冬は60分しっかり吸水させるのもおいしく炊くコツです。

 

・短時間で炊飯可能なガスコンロは省エネで環境にもやさしいです。製造・輸送時のロスがないガスはエネルギー効率の高いエネルギーでもあります。Siセンサーコンロには安全機能や便利機能もたくさん!安全で便利、省エネなガスコンロを上手に使って料理上手になりましょう!

 

IHクッキングヒーターからガスコンロへ切り替える方も増えています。

MOTTO!北ガスではおトクな都市ガスとガスコンロの組み合わせがおすすめです♪

ぜひご検討くださいね!

 

著者情報

松岡 留美 (まつおか るみ)
第二営業部 エリア開発グループ
戸建営業チーム 北ユニット

松岡 留美 (まつおか るみ)

こんにちは!北ガスの松岡です。
入社3年目になりました。入社以来、戸建住宅にお住まいの方へ都市ガスのある暮らしをご提案しています。
ガスコンロで料理を楽しく!都市ガスでお家をあったか快適に♪どうぞお気軽にご相談ください!!

☆プロフィール☆
1994年生まれ O型
趣味:温泉めぐり

関連記事

人気記事