MOTTO! 北ガス KITAGAS

東川町のライフスタイルと、地域の活力を応援する北ガスの電気 ~&DONUT 鈴木隆紀さん~

2020.10.12 更新

北ガスの電気は、北海道全域に(離島を除く)電気をお届けしています。

今回は、東川町で北ガスの電気をご利用いただいているかわいらしいドーナツ店を取材しました。

MOTTO!北ガス。北ガスがお届けする、ライフスタイル・コンテンツ。

エネルギーと暮らし方の未来を、いっしょに覗いてみませんか。

 

&DONUTの名のとおり「&」が結びつけたのは

東川のくらしと、ここから始まる未来です。

 

 

ちいさなお店が結んだ出会い。

 

稲穂の豊かな田園風景を抜け、レンガの家が建ち並ぶレンガ村に「&DONUT(アンドドーナツ)」はあります。建物の背後には水田が広がり、心和む景色が広がっています。

 

「いつか北海道で暮らしたいと思っていました。東京の出版社に4年ほど勤務していましたが、見切りをつけて1年前に移住しました。」とオーナーの鈴木隆紀(すずき りゅうき)さん。実は新ひだか町出身。移住先に故郷ではなく東川町を選んだ理由をたずねると、「行ったことがない町がいいと思って。移住を考えていたころ、東川町に暮らす叔母から話を聞き、叔父が仕事で関わっているひとつが『&DONUT』でした。町の魅力も聞き、興味が湧きました。」何か、勘が働いたのだといいます。

 

 

ドーナツづくりが育んだこと。まちの魅力を感じて

 

鈴木さん、実は「&DONUT」の2代目オーナー。現在鈴木さんのお母さま、叔母さまの3人で今年1月から営業しています。きっかけは叔父さまを通じて初代オーナーと知り合ったこと。オーナーと交流するなかで考えが一致して店を引き継ぐ話が進んだそう。

「母と叔母とで店を訪れ、テイクアウトして車中で食べたときのことを今でも覚えています。その味に衝撃を受けました。」北海道で食に関わる仕事をしたいと考えていた鈴木さん。「このドーナツづくりができるなら、こんな幸せなことはないと思い、お店のコンセプトもレシピもそのまま引き継ぐことにしました。」

鈴木隆紀さんのお母さま

鈴木隆紀さんの叔母さま

お店の代名詞とも言えるグラハム(全粒粉)ドーナツ。卵も牛乳も使用しておらず、手に取るとずっしりして、食べ応えも十分。

「自分たちらしさも出しながら、従来の魅力も維持したい。もともとの味を気に入って来てくださるお客さまもいますので、変わったと言われないようにしたいですね。」新たな特色として、知り合いの生産者の方にいただいた苺を使用したり、北海道産小豆を使ったあんこやクリームチーズを挟んだり、試行錯誤を繰り返しながら新しいドーナツを作っているそうです。長年のファン層にも親しまれるだけでなく、新規のファンを惹きつける努力も惜しみません。

クリームチーズやあんこを挟めたドーナツ

 

 

多様性と可能性。東川で描く未来の暮らし。

 

東川町に移住して1年。実感を伺うと、「とにかく水がいい。“まるでミネラルウォーター(※)が蛇口から出てくる”と聞いていましたがその通りですね(笑)」実際、水に魅力を感じて移住する人も少なくない。約8千人の人口のうち、今や半分ほどが移住者とか。その他、全国でもまれな日本語学校の公立校「東川町立東川日本語学校」があり、町は国際交流と人材育成の取り組みに積極的。「いい意味で日本らしくない部分も魅力ですよ。定住者と移住者の関わりなど、多様性と可能性を感じます。」

 

※東川町は北海道で唯一の上水道のない町。大雪山の雪解け水と地下水脈の恩恵によるもので、地下水として自然の恵みを活かしています。(東川町公式サイトより一部を抜粋)

 

 

地域との関わりで見える「まち」のあり方。

 

鈴木さんは地域おこし協力隊として東川町商工会でも活動しています。「飲食店やサービス業など約150店加盟する東川町のポイントカードHUC(東川ユニバーサルカード:通称フック)の管理を主にしています。HUCに関連した催事なども企画運営しています。」

 

HUCとは地域の商店や飲食店を利用するとポイントがたまるカード。電子マネー機能もあり、その便利さから町民の約8割、周辺地域合わせて1万人以上が持っています。ポイント加算にはユニークなものもあり、学童の宿題や絵日記も加算対象となるイベントを実施したり、9月の敬老の日には、購入額以上のポイント加算ができるガチャポンイベントを実施したりするなど、活性化の企画が次々に生まれています。

 

そして、2020年9月1日よりHUCポイントと北ガスポイントの連携がスタート。北ガスの電気」利用者に付与される北ガスポイントがHUCポイントへ交換できるようになりました。北ガスポイントが地方自治体の発行するポイントと連携するのは初の取り組みです。

 

鈴木さんはこの取り組みを担当する前に、人のご縁をきっかけに「北ガスの電気」を知り、昨年すでに店舗の電気を「北ガスの電気」に切り替えていたそうです。「Webで申込をしましたが、手続きは簡単でした。北ガスポイントもたまってHUCポイントに交換しました。実はHUCポイントに交換した第1号は私なんです(笑)」

実際にポイントを交換して地域通貨の魅力を改めて実感したそうです。「例えば、東川町外の地域で「北ガスの電気」を使って、たまった北ガスポイントをHUCポイントに交換することで、東川町訪問の際に使ったり、オンラインで東川町のお米を購入したりできたらいい、などHUCカードの可能性を感じました。」

 

ところで、と鈴木さん。「&DONUTの店名は、初代オーナーがコーヒー好きに由来するそうです。コーヒーに合う個性あるドーナツを作ろうと名付けられたのです」

主役といっしょに、という意味を込めて「&」がついたのだとすれば、出会いを結びつける思いがきっと込められているでしょう。&DONUTは旅の目的地や立ち寄り地として、移住先として、人との「つなぎ」として数々の出会いをつくってきました。そして、その出会いを結びつける思いはドーナツ店という枠を超え、これからの東川町の未来をつくっていくのかもしれません。

 

&DONUT

〒071-1425

北海道上川郡東川町西町6丁目20-8

TEL 0166-64-6624

4-10月:金・土・日・祝日のみ営業10:30-17:00

11-3月:土・日・祝日のみ営業        11:00-16:00

※ドーナツがなくなり次第閉店

https://anddonut.jimdofree.com/

『HUC』と北ガスポイントについてはコチラ!

 

人気記事

北ガスの電気に乗り換えキャンペーン