MOTTO! 北ガス

わが家で発電!

わが家のガスで、電気もつくる。
それが、これからのスタンダードです。

おうちで使う電気をおうちでつくると、エネルギーをもっとムダなく、上手に使える。
そこから生まれたのが、ガスマイホーム発電です。
おうちで電気をつくるから、家計にやさしい。
CO2を減らせるから、北海道にもやさしい。
快適で省エネな暮らしと未来をまもる、心強い存在です。

快適でエコな暮らしをつくる

ガスマイホーム発電

ガスマイホーム発電とは、天然ガスを使って、おうちで電気をつくるシステム。
天候に左右されずに安定して発電し、電気代を大幅に削減します。
また、発電したときに出る熱を捨てず、給湯や暖房に有効活用。
省エネで、環境にもやさしいシステムです。

ガスマイホーム発電の特長

電気代がおトク

電気代を大幅にカット!

おうちで電気をつくるから、電力会社から購入する電気の量が減って年間約50〜60%も電気代をカットします。

未来につながる環境性

普通に暮らすだけでCO2を削減。

ガスマイホーム発電は、省エネで環境に貢献。普通に生活するだけで、CO2の排出量を大幅に削減することができます。

※1 大規模発電所で発電した電気を利用し、省エネ型給湯暖房機エコジョーズで給湯暖房をまかなう方式と比較
※2 年間1万km走行時の場合 国土交通省「自動車燃費一覧」(平成27年3月データ)より算出

エネルギーをムダなく利用。

ガスマイホーム発電は、発電するときに出る熱を給湯や暖房に有効活用。そのためムダがとても少なく、火力発電など従来の発電システムと比べると、エネルギー利用率は2倍以上にもなります。

従来発電システムとコレモ・エネファームのエネルギー利用率比較

出典:(一財)コージェネレーション・エネルギー高度利用センター ●LHV(低位発熱量)基準により算出

もしもの時も安心

まさかの災害時も安心です。

ガスマイホーム発電は、運転中に停電しても発電を続ける(※1)ため、もしもの時も給湯・暖房、電気を使うことができます。また、一部の電化製品は、「停電時専用コンセント」に接続して使うことができます。

※1 ガスが供給されている場合。なお、発電中でもエネファームは外部電源(AC100V)をつなげることで、コレモはオプションの切替盤を設置することで、再び起動して発電できます。
※2 機種によって変わります。バックアップ熱源機や停電用電灯で使用する電力も含むため、実際に使用できる電力は少なくなります。

メンテナンスは10年間無償。

快適かつ安心してお使いいただけるように、ご使用開始から10年間の定期点検と故障時のメンテナンスが無料となる「10年間メンテナンスフリー特典」をご用意しております。

※10年間メンテナンスフリー特典は北ガスグループのガスをご利用いただいているお客さまに限ります。
※お客さまによる誤使用、システムの変更、改造、凍結、天災による故障修理は有償となります。
※故障に伴って発生した被害を補償する制度ではありません。
※エコジョーズおよび暖房端末は含まれません。

地域のために

街の安心をつくる「分散型電源」。

従来の発電所だけに頼る「集中型電源社会」では、災害などが発生した場合、電力供給に支障が出る可能性も。天候に左右されずにおうちで発電できるガスマイホーム発電などの「分散型電源」が広がれば、「より安心できる社会」をつくることにもつながります。

広がっています、小さな発電所。

おうちで電気をつくり、新しい暮らしを叶えるガスマイホーム発電は、これからのエネルギー・スタンダードです。省コストで、環境にもやさしいため、国(※1)や札幌市(※2)も具体的な目標を掲げて普及を目指しています。

※1 2030年までにエネファーム530万台(2014年4月閣議決定「エネルギー基本計画」より)

※2 2030年までに家庭用コージェネ(ガスエンジン、燃料電池)6万台(2014年10月策定「札幌市エネルギービジョン」より)

補助金が適用になります。

ガスマイホーム発電の導入支援のため、国(※1)や札幌市(※2)の補助金が設定されています。

※1 国の補助金は予算額に到達した時点で終了となります。

※2 札幌市の補助金の交付は抽選となります。